久しぶりのBlogですが、

というわけで、
今日は、GWだというのに仕事に来て、そのうえ、Blogを書いているわけです。

みなさん、捨てたゴミ袋の中身を見る行為ってどう思います。

実は私板橋在住の一区民で、住み始めて2年が経ちますが、初めて起こった事件があります。

休日の午前中に寝ぼけて川合俊一が出ている、おちゃらけ番組を見ていたところ、「ピンポーン」と来客が、インターフォンに出ると、
「板橋清掃X○△?? ですがぁ。」ときた、
何のことかわからないが、表に出てみると、なにやら不振なゴミ袋を持っていて、
「このゴミは、emoseiさんの出したゴミですよねぇ。」
と言われ、よく中を見ると確かに自分が出したゴミ。
「燃えるゴミと燃えないゴミを分別してください。これはもう分別しておいたので、燃えないゴミの日に出して下さい。」
といわれ、寝ぼけた僕は、
「どうもすみません。気をつけます。」
と、言いながら2・3回頭を下げて、扉を閉めて。。。
ってコラァーー
確かにゴミを分別しないで出した僕は悪ぅございました。
でも、ですよ。
このゴミは分別されてないからという事で、袋ごと返されるならまだしも、
分別後のゴミを返すなんて。。ってことは、ゴミの中に入っていた、
あんなものや、こんなもの。さらには、あのときのゴミまで。。。見た上でよくもまぁ、堂々と来ました。しかも言い遅れましたが、2人連れで。
あぁああぁ恥ずかしや、恥ずかしい。。
こんな事ゆるされるのでしょうか?

おしえて、丸山弁護士!!、やっぱ北村弁護士に頼もう。
と、いろいろ調べてみると、
ゴミというのは、ゴミ置き場においた時点で、所有権が放棄されたものとみなされま、捨てたものを誰かが持ち去れば、ゴミはその誰かのものになるそうです。
民法の言葉で「無主物先占」と言うらしい。

要するに、ゴミを誰がどうしようと勝手なのだそうです。

ま、要するに分別しないお前が悪いという事ですね。
はい。

逃げ場をなくした僕は、その日以来黙々と分別をしているのでした。


「ラップは燃えないのかぁーーー。」